【たるみ撃退】そのマッサージ、ちょっと待った!自己流マッサージでたるみが進行する?

0800-080-2784 診療時間は10:00〜19:00(年中無休)

無料メール相談

モニター募集

無料カウンセリング予約 24時間受付

ゆげちゃん先生の美容コラム 弓削田院長や東京形成美容外科のメンバーが送るお役立ち情報

【たるみ撃退】そのマッサージ、ちょっと待った!自己流マッサージでたるみが進行する?

なぜたるみが起こるのかを知ろう!

週末などの自宅にいる時間が長くなるとき、美容ホームケアをする方も多いのではないでしょうか?中でもお顔のマッサージを取り入れる人もいるでしょう。最も手軽に取り入れることができる、たるみやむくみ解消の美容法ですね。


でもそのマッサージ、ちょっと待った!もしたるみの引き上げ目的としてやっているのなら、一度マッサージのやり方を見直してみるのもいいかもしれません。たるみ予防や改善のためにしていたマッサージが、逆にたるみを招いている可能性があります。キュッと引き締まった肌を目指す、正しい美容法もご紹介します。

美容イメージ

たるみはなぜおこるのか

肌がたるむ原因は肌の弾力の低下、筋力の低下、代謝機能やホルモンの低下などがあげられます。皮膚は肌表面より角層、表皮、真皮、皮下組織から成りますが、たるみの原因に大きく関わってくるのは真皮。

 

真皮には肌の弾力を維持するためのコラーゲンやエラスチンなどの繊維が存在しています。このコラーゲンやエラスチンなどが変性してしまうことで、たるみやシワが生じます。

 

コラーゲン、エラスチンとは?

コラーゲンとは皮膚や骨、血管などに多く含まれるタンパク質です。肌内部の真皮においては70%を占めています。網目状のネットワークを作り肌の弾力を守る役割をしています。

 

エラスチンはコラーゲン同志を結び付けてくれる役割を担っています。エラスチンがよく例えられるのはベッドのスプリング。バネのように伸縮性があり、弾力や柔軟性を維持します。またこのコラーゲンやエラスチンを生み出す“お母さん細胞”のことを線維芽細胞と呼びます。

 

コラーゲンやエラスチンが変性する原因

外的要因

加齢や紫外線の影響、乾燥などがあります。コラーゲンは20歳頃までは体内で盛んに生み出されますが、そのあとは減少傾向に。40歳になる頃にはピークの時の半分までになると言われています。

 

また紫外線ダメージを受けることで、コラーゲンが破壊されてしまいます。紫外線を浴びることで、肌の中ではコラーゲンにも影響を及ぼす分解酵素が作り出されます。一時的に紫外線を浴びる程度であればそこまで影響なく皮膚は修復されますが、正しい紫外線対策をしていないと、日々紫外線は蓄積されコラーゲンを破壊していきます。

内的要因

肌をサビさせる酸化、肌をこんがり焦がす糖化も真皮に悪影響を及ぼします。コラーゲンが酸化や糖化してしまうと、固くもろくなり肌の弾力が失われていきます。酸化とは「活性酸素」が増えすぎてしまうことで身体や肌をサビつかせます。しかし活性酸素は人間にとって必要な酸素であり、体内に侵入したウイルスや細菌を退治する役割を担っています。

 

過度なストレスや紫外線ダメージを受け、活性酸素が過剰に発生することで身体や皮膚を酸化させ、たるみなどの老化へとつながっていきます。

 

糖化とは体内に焦げつきができるイメージです。血中に余分な糖があると体内のたんぱく質や脂質と結びついて変性し老化促進物質AGEを作り出します。糖分の摂りすぎが主な原因です。

間違ったマッサージがたるみを引き起こす?

たるませたくない人の本当の美容法とは

筋力の低下や代謝機能、ホルモンの減少などは年齢を重ねていくと避けられないものではありますが、紫外線対策や保湿をする、ストレスを溜めないなど日常生活で意識的に行うことでエイジングスピードを緩めることは十分可能です。

逆に間違った美容法を日常的に取り入れることにより、エイジングを加速させてしまうこともあります。それが、肌に負担をかける自己流マッサージです。

女性 美容

ぐいぐいと肌を引きあげたり押したり、圧をかけることで真皮にあるコラーゲンやエラスチンが破壊されていきます。そして肌がゆるゆるとたるんでいきます。

 

それだけではありません。マッサージで皮膚をこすると皮膚の刺激になり、シミや肝斑など、色素沈着の原因にもなります。つまり肌の負担になるマッサージは、たるみと肝斑、くすみなど併発し兼ねないのです。

 

とはいえマッサージをした後は、顔がすっきりとすることは事実です。実はこれは、「むくみが一時的にとれた状態」になっているだけなのです。お顔の水分がマッサージによってリンパに入り吸収されることでむくみはとれ、すっきりとした顔になります。

 

しかしご飯を食べて、お水を飲むと元に戻ってしまいます。脚痩せマッサージなんかも同様のことが言えます。むくみが取れ、一時的にすっきりとして見えるだけでしょう。残念ですがたるみを引き上げる、痩身目的で脂肪細胞を減らす、などはマッサージなどで簡単に解決するものではありません。

必要以上にお肌に触ることをやめましょう

ここでチェックです。自身の頬を軽くつまんでみましょう。かたいですか?柔らかいですか?

 

「お肌が柔らかいですね!」など、エステサロンなどで言われたことはありませんか?実は、頬がビョンと伸びる人は、要注意です。若々しい肌というのは、パンと張っていて伸びません。赤ちゃんの肌はよく柔らかいといいますが、やわらかさの質が違います。弾力のあるみずみずしさであり、ただやわらかく伸びる状態とはまた少し違います。

 

将来的にたるみたくない、これ以上進行させたくないという人は必要以上にお肌に触り圧をかけること、こすることをやめましょう。

 

また普段から意識して心掛けることでたるみを予防できることは洗顔と紫外線対策です。

 

正しい洗顔法、知っていますか?

洗顔はこすらずに、よく洗顔料を泡立ててお顔を包むように洗いましょう。泡立ての基準は、手を逆さにしても落ちないくらいの泡。泡立てネットを使用すると簡単です。こする必要はありません。こすらなくても汚れは十分取れます。ポイントは、洗うというより塗る。

 

お顔の皮脂も、一生懸命落とす必要はありません。ついキュッとするまで洗いたくなるところですが、お顔の皮脂は敵ではなく味方です。外からの異物の侵入や水分の蒸散を防いでいます。肌のバリア力を高め、美肌の条件に必要不可欠である水分と油分のバランスを整えてくれています。

 

朝だけ、は要注意?紫外線対策

紫外線ケアも洗顔と同様大切です。肌の老化の原因の80%は紫外線が原因だと言われています。ポイントは、朝のメイク時だけでなく日中も塗りなおすこと。

 

朝だけしか塗っていなかった…という方!それだけでは紫外線ケアをしています、とは言えないかもしれません。日焼け止めは汗や皮脂などで落ちてしまうため、塗り直しをすることが大切です。理想は3時間ごとに塗りなおすこと。忙しくて時間がない方は、パウダーファンデーションを軽く塗りなおすだけでもいいので意識してみてください。SPF値の記載がないファンデーションでも、塗りなおすことで紫外線から肌を守る効果を十分に発揮してくれます。

 

正しい知識で未来の肌を守ろう

お顔のマッサージは自宅で手軽にでき、お顔もスッキリして気持ちがいいですよね。ですが、肌に負担をかけるマッサージでは逆効果。不要な圧をかけることでたるみへとつながり、肌を摩擦してしまうことでシミや肝斑の原因になります。

いつまでも透明度の高い、キュッと引き締まった肌でいるためには肌に負担をかけず、必要以上に触らないこと。そして洗顔は泡で包むように洗い、日々の紫外線ケアをきちんとすることが大切です。

一度たるんでしまうと、自力で戻すことは難しくなります。未来の肌は現在の生活習慣の蓄積で大きく変わります。できることから無理なく意識していきましょう。

美容 イメージ

コラムカテゴリ一覧

PAGE TOP

信頼と安心の技術品質の東京形成美容外科

東京形成美容外科の治療は、経験豊富な美容外科専門医が担当します。
症例数130,000件(2006年4月~2020年3月)以上、数多くの芸能人の方々の治療を担当し、美容クリニックの立ち上げを担い全国28店舗を展開、60名以上の美容外科医の指導をするなど、これまでの豊富な経験から培ってきた知識と技術を、自信をもって皆さまにご提供いたします。
当院はカウンセリング無料、全個室となっておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-6-1 北翔ビル3階

船橋駅から徒歩3分
京成船橋駅から徒歩5分

無料カウンセリング予約 24時間受付 無料メール相談