豊尻・ヒップアップ整形術でたるんだお尻を綺麗なヒップラインに改善

0800-080-2784 診療時間は10:00〜19:00(年中無休)

無料メール相談

モニター募集

無料カウンセリング予約 24時間受付

豊尻術

この施術について

ヒアルロン酸・シリコンバッグによるヒップアップ

ヒップアップ・豊尻を行う事により、くびれが強調され、女性らしい綺麗なボディーラインを実現することが可能です。たるんだお尻は後ろ姿をも老けて見せてしまいます。そのためヒップアップ・豊尻により、魅力的で若々しいヒップラインにすることができます。

ヒップアップの方法はヒアルロン酸・専用シリコンバッグ・脂肪注入があります。

症例写真

ピックアップ症例

この施術の特徴

ヒップアップ・豊尻によるボディーラインメイク

ヒアルロン酸によるヒップアップ・豊尻

ヒップアップの治療では最もメジャーで気軽にできる治療です。
ヒアルロン酸によるヒップアップ・豊尻は注射なのでボリュームを出したいお尻の部分に直接注射することが可能です。日本人はヒップの上部のボリュームが少ないことが多いです。

ヒアルロン酸ヒップアップ・豊尻では筋肉痛のような軽い鈍痛が約1週間あります。

シリコンバッグによる豊尻

専用シリコンバッグによる豊尻では特にボリュームの少なくなっているヒップ上部・外側にシリコンバッグを挿入する。傷口はお尻の割れ目に沿っているので目立ちません。専用豊尻シリコンバッグは様々な大きさのものがあり、個々の体型に合わせて手術します。

シリコンバッグの豊尻は、強い筋肉痛のような痛みが1週間あります。

ピュアグラフト豊尻・ヒップアップ(脂肪注入)

日本人のお尻やたるんだお尻では、腰~お尻上部・お尻下部~太ももの付け根外側が脂肪で膨らんで、さらにそれ以外のお尻が全体的にボリュームが少ないケースも多いです。
そういったケースの場合は脂肪吸引と脂肪注入を合わせた方が綺麗なヒップラインが仕上がります。

脂肪の生着率へのこだわり

脂肪注入の課題は生着率です。当院では生着をよくするため、コンデンスリッチ、ピュアグラフトを用いて処理し脂肪細胞のみを抽出、注入することで、生着率を上げています。

徹底した痛み対策

ヒップアップ・豊尻の麻酔

  1. ヒアルロン酸注入の麻酔:お尻は感覚が鈍い方なので、表面麻酔・リラックスガス麻酔・痛み止め点滴・局所麻酔で十分行えます。静脈麻酔も併用することは可能です。
  2. シリコンバッグ・脂肪注入法の麻酔:当院では安全のため、硬膜外麻酔は麻酔科専門の医師が行います。術中は痛みを感じませんので安全・痛みともにご安心ください。

この施術の流れ

1 問診・診察

既往歴・治療歴・ご希望のヒップラインの確認をさせて頂きます。ご希望に一番適した治療をご提案します。

2 デザイン・麻酔

ヒップアップ・豊尻では立った状態で診察し、ヒアルロン酸・シリコンバッグの挿入部位を細かくデザインしていきます。このデザインが非常に重要ですので、お互い確認しながら行います。

3 手術

麻酔が効いた段階で手術をしていきます。ヒアルロン酸注入では30分、シリコンバッグでは40分、脂肪注入では約1時間かかります。

プライバシーと安心サポート

当院はプライバシーへの配慮を徹底しています

当院の待合は完全個室となっております。意外と考慮されていないクリニックが多いのが、診察室の防音です。当院は、患者様が気がねなくご相談できるように完全防音となっております。

安心サポート

当院は24時間いつでもメールLINEで相談ができるようになっております。
※お急ぎの方はお電話でお問い合わせください

メール相談LINE相談

料金

東京形成美容外科は高品質な医療を低価格でご提供いたします。患者様にご満足いただけるようなサービスを追求していきます。 料金を見る

注意事項

施術時間

【ヒアルロン酸による豊尻】
20〜30分程度

【シリコンバッグによる豊尻】
40~60分程度

【ピュアグラフト豊尻】
2時間~3時間程度

抜糸

【ヒアルロン酸による豊尻】
抜糸の必要はありません。

【シリコンバッグによる豊尻】
抜糸の必要はありません。(皮膚の中は縫合糸で縫ってあります)

【ピュアグラフト豊尻】
必要です。

施術後の通院

【ヒアルロン酸による豊尻】
必要ありません。

【シリコンバッグによる豊尻】
3日後 (ガーゼ交換) 、7日後 (経過観察) にご来院ください。

【ピュアグラフト豊尻】
3日後 (ガーゼ交換) 、7日後 (抜糸) にご来院ください。

シャワー

【ヒアルロン酸による豊尻】
翌日から注入口を濡らさないようにして浴びることができます。

【シリコンバッグによる豊尻・ピュアグラフト豊尻】
温まりすぎない短時間のシャワーは2日後から傷口を濡らさないようにして浴びることができます。

洗髪

注入口を濡らさないようにしていただければ当日から可能です。

入浴

【ヒアルロン酸による豊尻】
3日目からになります。

【シリコンバッグによる豊尻】
7日目からになります。

【ピュアグラフト豊尻】
抜糸後、2日目からになります。

腫れ/痛み

【ヒアルロン酸による豊尻】
個人差にもよりますが、1週間でほぼ落ち着きます。

【シリコンバッグによる豊尻・ピュアグラフト豊尻】
個人差にもよりますが、約1~2週間で落ち着いてきます。より自然になるまでさらに約3~4週間かかります。

内出血

【ヒアルロン酸による豊尻】
まれに内出血のため赤紫色になることがありますが1週間程度で治まります。

【シリコンバッグによる豊尻・ピュアグラフト豊尻】
内出血のため赤紫色になることがありますが、約2週間で取れますのでご心配ありません。

麻酔

【ヒアルロン酸による豊尻】
表面麻酔・リラックスガス麻酔・痛み止め点滴・局所麻酔で十分行えます。静脈麻酔も併用することは可能です。

【シリコンバッグによる豊尻・ピュアグラフト豊尻】
硬膜外麻酔を使用します。

痛み止め/化膿止め

化膿止め、痛み止めをお出ししております。
服用によって何らかの異常がおきましたらば服用を中止してご連絡ください。

【シリコンバッグによる豊尻】
化膿止め、痛み止め、拘縮予防薬をお出ししております。服用によって何らかの異常がおきましたらば服用を中止してご連絡ください。

傷跡/注入口

【ヒアルロン酸による豊尻】
手術後注入口から浸出液 (赤色) が絆創膏ににじむことがありますが、特にご心配ありません。

【シリコンバッグによる豊尻・ピュアグラフト豊尻】
1ヶ月くらいは赤みがありますが、2~3ヶ月経つと細い白い線になり、目立たなくなります。

時に手術後傷口から浸出液 (赤色) が包帯に滲むことがありますが、特にご心配ありません。にじみが続く場合はタオル等でガーゼの上から傷口を圧迫してください。

炎症/感染

【ヒアルロン酸による豊尻】
注入後まれに熱をもったり、赤かったり痛みが長く続いたりすることがあります。
この場合は、必ず来院し診察をうけてください。

【シリコンバッグによる豊尻】
硬くなってしまった時や内出血が多い時、炎症が続く時などはバッグを取り出すこともあります。

【ピュアグラフト豊尻】
稀に炎症や感染などで徐々に腫れてくる場合があり、その時は内服薬や腫れを取り除く治療が必要になることがあります。

拘縮

【シリコンバッグによる豊尻】
シリコンバッグは大変自然な仕上がりが期待できる優れた素材です。

ただし、
①体質による場合
②炎症等が起こった場合
③術後内出血で腫れた場合
に硬くなることがあります。
これはバッグを入れた空間が狭くなったり、バッグの外側に被膜 (カプセル) ができたりして厚くなるために起こるものです。

術後マッサージは不要です。長時間のマッサージは炎症を起こし硬くなることがあります。

施術後の過ごし方

仰向けに寝ることは1週間お控えください。固い椅子も2週間は座らないでください。
お酒は2~3日お控えください。

【ヒアルロン酸による豊尻】
注入部のテープは翌日はずしてください。
激しい運動は3週間お控えください。

【シリコンバッグによる豊尻】
挿入したバッグを良い位置に保つため1週間固定させていただきます。
軽い運動は2週間、激しい運動は1ヶ月間お控えください。

【ピュアグラフト豊尻】
吸引部 (①ウェストバンド②ガードル③ストッキング④サポーター) と注入部のテープは次回来院 (3日目) まで外さないでください。
激しい運動は3週間お控えください。

その他

【ヒアルロン酸による豊尻】
手術後注入されたヒアルロン酸は、時間とともにある程度吸収され自然になじみます。
注入部位は触れて硬い感じがしますが、落ち着くまで3ヶ月くらい様子を見てください。マッサージは基本的に必要ありません。

【シリコンバッグによる豊尻】
精密なレントゲンにはうっすらと写ることがあります。
手術後、稀に感覚が敏感になったり、鈍くなったりすることがありますが、ほとんどの場合数ヶ月で回復します。
かぶれやすい体質の方は色素沈着が残る場合があります。また0.1% (1,000人に1人) 以下の方に、皮膚が薄くなって赤くなり破れたり、化膿したりする可能性があります。
皮膚が赤くなった時は、必ず来院してください。

【ピュアグラフト豊尻】
注入された脂肪はある程度吸収されます。
生着率には、個人差があり、出来上がりのヒップサイズは人により大きく異なります。そのため、ごくまれにサイズがあまり変化しないこともあります。
(1年以内で客観的に効果が全く認められなかった場合、医師との診察・相談の上、無料で再注入します。ただし採取可能な良好な脂肪がある場合に限ります)
同時に注入される脂肪幹細胞は脂肪細胞の元になる細胞です。幹細胞脂肪注入は、脂肪細胞のみの注入と比べて長期的に定着させるために、現在最も有効な手段の一つと考えられています。
注入した脂肪は注入後しばらくの間硬さを感じるのが普通です。落ち着くまでおよそ1~3ヶ月くらいかかりますので様子を見てください。 (もし気になる場合は指のハラで軽く押してマッサージしてもよいです)
脂肪を採取した部位のマッサージを手術後しばらくしてから始めていただきます。多少の痛みを伴いますが、術後の経過に影響がありますので必ずおこなってください。
注入した脂肪のうち生着しないものは、前述のように次第に吸収されていきますがまれにカプセルとなってしこりが残る場合があります。
6ケ月を経過してもどうしても気にある場合は診察させていただきますのでご来院ください。まれに注入した脂肪の周りにカルシウムが沈着 (石灰化) する場合もあります。
時に貧血のようなふらつきが見られることがあります。このため特に乗り物の乗り降りの際はつまづいたり、転んで怪我をする恐れ
がありますので十分ご注意ください。体調に関して不安な場合はすぐにご連絡ください。

PAGE TOP

信頼と安心の技術品質の東京形成美容外科

東京形成美容外科の治療は、経験豊富な美容外科専門医である院長が担当します。
症例数110.000例以上、数多くの芸能人の方々の治療を担当し、美容クリニックの立ち上げを担い全国28店舗を展開、60名以上の美容外科医の指導をするなど、これまでの豊富な経験から培ってきた知識と技術を、自信をもって皆さまにご提供いたします。
当院はカウンセリング無料、全個室となっておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-6-1 北翔ビル3階

船橋駅から徒歩3分
京成船橋駅から徒歩5分

無料カウンセリング予約 24時間受付 無料メール相談