【利用者、必見!】アイプチ・アイテープは 要注意?気をつけるべき「二重まぶた 」を手に入れたい人が陥る落とし穴

0800-080-2784 診療時間は10:00〜19:00(年中無休)

無料メール相談

モニター募集

無料カウンセリング予約 24時間受付

ゆげちゃん先生の美容コラム 弓削田院長や東京形成美容外科のメンバーが送るお役立ち情報

【利用者、必見!】アイプチ・アイテープは 要注意?気をつけるべき「二重まぶた 」を手に入れたい人が陥る落とし穴

掲載日:2017年12月11日

「二重になりたい!」という方は、アイプチ・アイテープに頼りすぎるのは危険?!

ぱっちりとした二重まぶたを望む女性はたくさんいらっしゃいます。そして、手軽さからアイプチ・アイテープを愛用されている方も多いかと思います。

確かに、アイプチ・アイテープは便利であることは間違いありません。しかし、アイプチ・アイテープを利用することによって、実は思わぬリスクを背負っていることをご存知でしょうか?

futae1203

今回は、二重まぶたを求める方が陥りがちな落とし穴についてご紹介いたします。

アイプチ・アイテープで起こりうる、知っておくべきリスク

アイプチは一重まぶたを手軽に二重まぶたにすることができる方法で、ドラッグストアーなどで購入可能な、まぶたを貼り付けるノリのようなメイク道具です。

一方、アイテープはシールのようなメイク道具です。素材は薄いポリエステルや不織布でできたものや、医療衛生材料を使用しているものもあります。

アイプチ・アイテープは非常に手軽に二重まぶたを演出することができるため、利用している女性も多いかと思います。しかし、リスクを正しく理解したうえで利用すべきアイテムであるということを忘れないようにしてください。

futae1203_02

アイプチ・アイテープを利用する場合、具体的には、以下のようなリスクがあります。

まぶたの皮膚が伸びてシワが増えてしまう

アイプチ・アイテープを利用し続けていると、常に皮膚を接着剤やシールで不自然に伸ばし続けている状態が続くことになります。そうなると、まぶたの皮膚に対して負荷がかかり続けることになり、まぶたが伸びきってしまいます。

このようなことを繰り返すことで、まぶたの皮膚の弾力が日に日に低下し、将来的にはたるんだシワだらけの皮膚になったり、腫れぼったいまぶたとなってしまったりする危険性があるのです。

まぶたがかぶれる危険性がある

アイプチは、ノリのような接着剤を用いて二重まぶたを演出します。また、アイテープはシールを利用して二重まぶたをつくります。そのため、頻繁に利用していると、まぶたに常に接着剤やシールを付着させていることになるため、それがお肌の負担となって、かぶれを起こす危険性があります。

また、症状がひどくなってくると、アイプチなどの素材で利用されているラテックスと呼ばれるゴム成分によるアレルギーが出てしまうこともあり、注意が必要です。

最悪のケースだと眼瞼下垂となる危険性がある

眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、上のまぶたが垂れ下がってきて目が開きにくい状態となり、視界が狭くなって、最悪の場合は日常生活にも支障をきたすようになる症状を指します。

アイプチ・アイテープを利用する方々は、ほとんどの場合、一重まぶたか、奥二重の方になるかと思いますが、これらのまぶたの構造を持つ方は、生まれつき眼瞼下垂症になりやすい体質であると言われているのです。

アイプチ・アイテープでかぶれや皮膚トラブルが起こって、毎日目をこする癖がついてしまうと、その刺激によって、目を支えている上眼瞼挙筋の挙筋腱膜が瞼板から外れてしまい、眼瞼下垂症となる危険性があります。

安心・安全に憧れの二重まぶたになりたい方は、美容整形を検討してみましょう

アイプチ、アイテープといった手段は、どちらかといえばまぶたに余計な手を加えず自然に二重まぶたを手に入れようとする方法であるため、手軽さを重視している方にとっては良い方法であるかもしれません。

しかし、一重まぶたの根本的な解決にはなっておらず、さらにお肌のかぶれやまぶたのたるみなどの皮膚トラブルや、最悪の場合は眼瞼下垂の原因ともなります。

futae1203_03

思わぬリスクがあることを知り、驚いている方もいるかもしれませんね。アイプチ・アイテープはぜひとも、リスクを理解したうえで利用しましょう。

安心・安全を求めるならば二重整形がベスト

安心・安全に二重まぶたを手に入れたいならば美容整形を検討してみるのがお すすめです。

二重整形の方法には「埋没法」「切開法」の2種類があります。

「埋没法」はまぶたに糸を通して二重を作り出す方法です。短い施術時間で完了でき、ダウンタイムも少ないため人気の施術方法となっています。

「切開法」は、埋没法よりもさらに強度の高い二重まぶたを作ることができ、元に戻りにくいという利点があります。ただし、切開を行うために施術時間やダウンタイムもそれなりに長くなるため、医師とよく相談して、実際に施術を行うかじっくり検討する必要があります。

アイプチ・アイテープ・二重整形など、さまざまなメリット・デメリットがあるため、ご自身のニーズと将来的な面も考えて、ベストな選択を選ぶのが肝心です。

コラムカテゴリ一覧

PAGE TOP

信頼と安心の技術品質の東京形成美容外科

東京形成美容外科の治療は、経験豊富な美容外科専門医が担当します。
症例数130,000件(2006年4月~2020年3月)以上、数多くの芸能人の方々の治療を担当し、美容クリニックの立ち上げを担い全国28店舗を展開、60名以上の美容外科医の指導をするなど、これまでの豊富な経験から培ってきた知識と技術を、自信をもって皆さまにご提供いたします。
当院はカウンセリング無料、全個室となっておりますので、どうぞお気軽にご来院ください。

〒273-0005
千葉県船橋市本町6-6-1 北翔ビル3階

船橋駅から徒歩3分
京成船橋駅から徒歩5分

無料カウンセリング予約 24時間受付 無料メール相談