気になる副乳を約10分で短時間切除治療

0800-080-2784 診療時間は10:00〜19:00(年中無休)

無料メール相談

モニター募集

無料カウンセリング予約 24時間受付

副乳除去

この施術について

副乳を取りたい

副乳とは人の乳房は左右に一つずつですが、それ以外に乳腺が存在する場合があります。乳腺堤といったワキや乳房の下に多く、左右対称に存在することもあります。副乳は乳首だけのものであったり、乳腺組織が発達しているケースもあります。妊娠を機にふくらみが出て違和感がでて気が付いたり、稀に乳汁がでることもあります。

この施術の特徴

副乳の簡単な切除

副乳はアジア人に比較的多く約5%の人が持っているとも言われています。またご自分で気が付いていないケースも多いです。妊娠時に副乳が発達し、乳汁の出口がないことによる乳腺炎を生じるケースがあります。その場合は痛みを感じ、熱感も強くなります。しこりがあると言う方もいます。

副乳の切除方法

副乳切除は、いぼと同様で、局所麻酔下に行います。乳腺組織の発達がなければ、副乳(乳首)のサイズに切開、除去し極細の糸で縫合します。通常一個あたり10分で切除できます。

徹底した痛み対策
副乳切除の麻酔
副乳の麻酔は、表面麻酔・リラックスガス麻酔・局所麻酔を使用します。術中は痛みを感じません。

この施術の流れ

1 問診・診察

副乳は診察させていただければすぐわかります。しこりを心配されて来院するケースもあります。副乳であれば、簡単に治療ができます。

2 麻酔

表面麻酔・リラックスガス麻酔・局所麻酔を併用します。また当院で使用する針は極細のものを使用しており、痛みを最小限に抑えます。

3 手術

副乳切除の時間は一個あたり10分で終了します。術後約5日目に抜糸が必要です。

プライバシーと安心サポート

当院はプライバシーへの配慮を徹底しています

当院の待合は完全個室となっております。意外と考慮されていないクリニックが多いのが、診察室の防音です。当院は、患者様が気がねなくご相談できるように完全防音となっております。

安心サポート

当院は24時間いつでもメールLINEで相談ができるようになっております。

メール相談LINE相談

料金

東京形成美容外科は高品質な医療を低価格でご提供いたします。患者様にご満足いただけるようなサービスを追求していきます。 料金を見る

注意事項

施術時間

通常1個あたり10分程度(大きさ、乳腺組織の有無、個数に応じて前後します)

抜糸

必要です。

施術後の通院

3日後 (ガーゼ交換) 、7日後 (抜糸) にご来院ください。

シャワー/洗髪

シャワー・洗髪は当日から傷口を濡らさないようにして浴びることが可能です。

入浴

抜糸後約2日目から可能です。

腫れ/痛み

個人差にもよりますが、数日で落ち着いてきます。

内出血

個人差により内出血のため赤紫色になることがありますが、約1~2週間で取れますのでご安心ください。

麻酔

局所麻酔・表面麻酔・リラックス麻酔を併用します。

痛み止め/化膿止め

化膿止め、痛み止めをお出ししております。
服用によって何らかの異常がおきましたらば服用を中止してご連絡ください。

施術後の過ごし方

傷口に当ててあるガーゼは3日後までそのままにしておいてください。7日後の抜糸までブラジャーはできるだけゆとりのある物をご使用ください。
うつぶせ寝、激しいスポーツは3週間お控えください。

PAGE TOP
無料カウンセリング予約 24時間受付 無料メール相談