クリトリス包茎治療で気になる女性器の包茎を改善

0800-080-2784 診療時間は10:00〜19:00(年中無休)

無料メール相談

モニター募集

無料カウンセリング予約 24時間受付

クリトリス包茎

この施術について

クリトリス包茎の根本治療

クリトリスの周りには皮膚があり、包皮と呼ばれます。この包皮が被さっているのが、クリトリス包茎です。クリトリス包茎はクリトリスと包皮の間に、恥垢と呼ばれるアカが溜まりやすく、臭いの原因にもなります。また不感症や性行為の際の痛みにもつながります。包皮を指でめくれる場合を仮性クリトリス包茎、むくことができない場合を真性クリトリス包茎と言います。

この施術の特徴

約20分でできるクリトリス包茎の治療

クリトリス包茎の治療法
クリトリスを覆っている包皮に局所麻酔を行います。そのあと、クリトリスが約1/2~1/3程度は見えるように、包皮を切除します。縫合は溶ける糸を使用します。
クリトリスの周囲は非常に血行が豊富で、傷の治りも早く、傷跡もかなり目立たなくなります。小陰唇縮小と同時に行う方も多いです。

徹底した痛み対策

クリトリス包茎の麻酔
クリトリスを覆っている包皮に、表面麻酔を塗布します。同時に、リラックス麻酔を行い、十分な効果が出たら局所麻酔を行います。手術中は、痛みを全く感じません。

この施術の流れ

1 問診

クリトリス包茎に必要な基本事項、既往歴、アレルギーの有無などを問診します。ご希望により、専門の女性スタッフがお話をお伺いすることも可能です。

2 麻酔

表面麻酔、リラックス麻酔を行い、効果が出たところで局所麻酔を行います。当院で使用する針は極細のものを使用しますので、痛みを極力抑えることが可能です。

3 手術

クリトリスを覆っている包皮を切除します。縫合しますが、専用の溶ける糸を使用します。

プライバシーと安心サポート

当院はプライバシーへの配慮を徹底しています

当院の待合は完全個室となっております。意外と考慮されていないクリニックが多いのが、診察室の防音です。当院は、患者様が気がねなくご相談できるように完全防音となっております。

安心サポート

当院は24時間いつでもメールLINEで相談ができるようになっております。

メール相談LINE相談

料金

東京形成美容外科は高品質な医療を低価格でご提供いたします。患者様にご満足いただけるようなサービスを追求していきます。 料金を見る

注意事項

施術時間

約30分程度

施術後の通院

必要ありません。(溶ける糸で細かく縫い合わせます)

シャワー

翌日から浴びることが可能です。

入浴

2週間後から可能です。

腫れ/痛み

個人差によりますが、2日~1週間で落ち着いてきます。より自然に仕上がるには1ヶ月かかります。
万が一、腫れが強くなってきた場合はご連絡ください。

内出血

個人差により内出血のため赤紫色になることがありますが、約1~2週間で取れますのでご安心ください。

麻酔

局所麻酔・表面麻酔・リラックス麻酔を併用します。

痛み止め/化膿止め

化膿止め、痛み止めをお出ししております。
服用によって何らかの異常がおきましたらば服用を中止してご連絡ください。

施術後の過ごし方

激しいスポーツ、性交渉は1ヶ月後から徐々にはじめてください。

出血

術後、軽度の出血がありますが一時的なものですのでご安心ください。
また出血が多く、ご心配の場合は必ずご連絡ください。

PAGE TOP
無料カウンセリング予約 24時間受付 無料メール相談